お出かけ おうち日記

2019年04月

DSC08550


DSC08549


DSC08548




東京文化会館でのランチタイムコンサート 全席自由で540円。

開演20分前で開場されているが、長蛇の列。
並ばれているほとんどが高齢者だ。
昼休みに聴きに来た自分は、ちょっと場違いな感じだ。
その行列には、並ばず、文化会館のこれからのコンサート予定パンフを物色し 7月と9月のピアノのコンサートのチケットを売り場で買い時間をつぶし 並ばず5分前に入場する。
会場の中の席はほとんど埋まっていて 一番後ろの開いている席に座る。
後ろの席は 楽器を抱えたたぶん学生や主婦のお友達仲間の方やたぶ仕事の合間に聴きに来ましたみたいな人もいる。
昼からいろいろな人たちと良質な音楽を聴いて楽しめるのは 贅沢だな~と思う。

演奏は 1時間ほどだ。
ヘルバシオさんのクラリネットの演奏は素晴らしく 技術もさることながら 音に若々しさがあり、たどたどしい日本語でも 一生懸曲説明される姿も好感が持てた。
クラシック曲も良かったがアンコール曲で演奏されたガーシュインの曲が伸びやかで良かった。
これで540円というのは申し訳ない気分だ。
この方のジャズをもっと聴いてみたい。

DSC08553










DSC08535



DSC08525



DSC08526



DSC08536


ステージ裏の席で指使いまでよく見える。
この席 2000円。コスパ高い!!
DSC08517



DSC08534



DSC08531


小腹がすいた。
春水堂で食事
海老と春キャベツのxoジャー麺
元祖らしい タピオカミルクティー
コンサートチケットの半券で100円割引。

DSC08509




DSC08512





DSC08510



家に帰ってから またタピオカミルクティー
こっちの方が紅茶が濃く風味が強い
タピオカも黒くイカスミ色素で着色しているらしい。
元祖は キャラメルで着色しているみたいだ。

DSC08538




DSC08530


派手さや個性はあまり感じられなかったが、人柄を現すかのように演奏は 誠実で爽やか。
まして この容姿なので目を閉じて聞いて その世界観が 目を開けても崩れることがない。
若い女性客も多かった。
福間さんの演奏を聴くのは2回目だが 癒されるあきない演奏でまた聴きたい。







人、人、人
DSC08462





DSC08493


DSC08494



DSC08495 (2)



DSC08496 (2)

スタバも行列

DSC08499 (2)





約300年前、吉宗が享保の改革の施策のひとつとして、江戸っ子たちの行楽の地とするため、
飛鳥山を桜の名所にしたそうです。


今年は外国からの見物客が多かったです。

DSC08453



DSC08389



DSC08385



DSC08395


DSC08415



飛鳥山は人が多く賑やかですが じっくりと穏やかに桜をめでたい方には 飛鳥山公園の前の道路の向かい側方向に音無親水公園がお勧めです。
知ってる人が少ないので 穴場です。


DSC08447





DSC08431



DSC08440



DSC08442



DSC08449

DSC08446



花見の土産は この通りにある扇屋さんの玉子焼きです。
懐かしいあま~い玉子焼きです。
扇屋では1648年(慶安戌子年)の創業より、
こだわりの厚焼き玉子を販売しています。
 
 

扇屋のこだわり 伝統の厚焼き玉子
この日は 休業日で買えず 残念でした。





久しぶりの東京公演
今回は五反田ではなく 大井町。
右方向に見える青い建物は 『ライオンキング』を公演中らしい。
ここの場所、『美女と野獣』をやっていたところだ。

屋根の猫の目が cute
DSC08375

DSC08380


本日のキャスト

グリザベラ織笠里佳子
ジェリーロラム=グリドルボーン小野実咲季
ジェニエニドッツ安宅小百合
ランペルティーザ山中由貴
ディミータ円野つくし
ボンバルリーナ渡辺智佳
シラバブ松尾 優
タントミール杉野早季
ジェミマ加島 茜
ヴィクトリア小島絵里衣
カッサンドラ藤岡あや
オールドデュトロノミー飯田洋輔
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ
藤田光之
マンカストラップ加藤 迪
ラム・タム・タガー大森瑞樹
ミストフェリーズ桒原 駿
マンゴジェリー斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス村田晃一
コリコパット押田 柊
ランパスキャット政所和行
カーバケッティ大山五十和
ギルバート高野佳基
マキャヴィティ文永 傑
タンブルブルータス田極 翼   


『キャッツ』は数回観ているが 今回はかなり演出が変わっていた。
演出も劇場のオブジェも より スマートに洗練されている。

ただ 個人的には以前のべたな演出の方が好きかな~。

劇場内のオブジェの中には そらジロー シナモンロール ジャビットなどのキャラクターも隠れキャラのように
展示されていた。

そして休憩時間には ステージ上見学ができた。

ステージを歩くことができ さっきまで猫たちが踊っていた舞台だと思うと感動。

また上演中 客席通路を猫が行きかう。

すぐ横を猫たちが歩いたり 走ったりして  ワクワクした。




それからグリザベラ役の織笠里佳子さんの『メモリー』の歌声はすばらしかったが 

思わず涙がという感動はなかった。

以前観たグリザベラは 年老いた元娼婦の猫そのもので薄汚く悲壮感が漂い それが歌声に反映されていた。

ただ その時の自分の心境も関与するので 一概にはいい悪いとは言えないかもしれない。

6月にまた見にいく予定だ。


その時は 違うキャストで観たいな~。


DSC08383




DSC08382


このページのトップヘ