お出かけ おうち日記

2019年05月



本格的なバレエ初鑑賞!

 気合いを入れて前から3列目。


 なぜ今まで観なかったのだろう。

 夢の世界に誘ってくれるバレエ。

 今までは劇団四季のキャッツが一番好きだったが バレエは それを超越する異次元の世界だ。

 歌やせりふがなく 動きと生オケだけ。

 シンデレラは 知っているストーリーなので 自分の好きな声や歌を想像し自分だけのシンデレラが繰り広げら  れる。何とも言えない快感だ。

 

  一流のバレリーナと音楽と舞台装飾や演出、高額なわけだが バレエがずっと昔から愛され続いている意味
  が少しわかった気がした。

  また 観に行きたいな~。


シンデレラ                王子

DSC09290


シンデレラ役の 成田さん、美しかったです。
王子役の山本さん、永井大さんをコンパクトにした感じの爽やかなイケメン。



DSC09288


外国の体格のいい方が 舞台のアクセントとなり、引き締まって良かったです。
特に 継母役のルーク ヘイドンさん、背の高い男性なのですが 本当に意地悪なおばさんを演じ ユニークで面白かったです。
それと 馬車がただただ美しかった。馬車が舞台上を駆け巡る様子は 圧巻です。

舞台装飾も豪華で 演出も飽きさせることなく 笑いを誘う動きもあり 素晴らしかったです。

ただ 大きなオレンジが登場する場面は、色彩が綺麗で場が生えたが、、、、、、かな~。




カーテンコールで振り付け 演出の熊川哲也さんが登場した。
プリンシパルの熊川さんのバレエ、観てみたかったな~。




ロビーにはたくさんの花と宮尾さんの油絵、


DSC09284



DSC09287


DSC09282



DSC09285



kバレエ カンパニーのプリンシパル 宮尾さん。

今度は宮尾さんを踊りをみたいな~
DSC09278


DSC09281 (2)











 


 

 



 華やかな装飾性と世紀末的な官能性を併せ持つ作品を手がけた画家、グスタフ・ クリムト
日本では過去最多となる約25点以上の油彩画を紹介する展覧会が上野・東京都美術館で開催されている。

チケット売り場に長い列ができていたが 前売り券を持っていたので 10分並んで会場の中へ。
中は少し混雑しているが じっくりと鑑賞できた。

クリムトの作品は、装飾画家として活躍されていた名残が作品に残っている気がする。

ゴッホやフェルメールなど作品は 心を持っていかれる感じあるが それに対し、上手く表現できないないが、
クリムトの作品は 「オウ!すごい!」という感想が多い。

クリムトにしか描けない官能的で甘美なデザイン的美しさ、色彩の妙がある。



オイゲニア プリマフェージの肖像

モデルのオイゲニアは、クリムトらが設立したウィーン工房の主要な
後援者で銀行家のオットー・プリマフェージの妻にして、元女優

DSC09161



女の三代

右から幼少期、若年期、老齢期にある3人の女性を通じて「女の人生」を表現
DSC09162
DSC09163



裸の真実
原寸大くらいの大きな作品。
完全な正面向きで、恥じらう様子もなく、鏡を片手に、立っている。

 ここにいるのは、理想化された女神などではなく、生身の女性だ。
DSC09164



DSC09165




赤子(ゆりかご)
くなる前年に描かれた晩年の大作。
装飾の渦に埋もれるように頭と手をのぞかせる赤子の姿は、生と死、希望と頽廃の入り混じる魅惑的な人間像を表現。

DSC09167



DSC09166





展覧会のスペシャルサポーター、音声ガイド

吾郎さんの声がいいです。
クリムト展を稲垣吾郎が初訪問。東京都美術館で音声ガイド生披露、魅力語る



DSC09157



DSC09142



DSC09141



DSC09139



DSC09136



DSC09143



DSC09144


修学旅行生の合唱
今日 山形に帰るようだ。

このパフォーマンスを計画した学校。
なかなかいいセンス。

大人になっても忘れられない思い出となるだろう。
DSC09155







DSC09147


団体旅行者 多し。
DSC09156



DSC09154




DSC09084


DSC09089

DSC09090 (2)






DSC09085


DSC09087 (2)




DSC09083


DSC09094



DSC09082



蓮の池
もうすぐの蓮の開花が楽しみだ
DSC09096



DSC09101



DSC09100



DSC09104



DSC09107 (2)


昔?は、この階段の脇に似顔絵を描く人がたくさんいたが
今は この下に一人だけだ。
DSC09108



DSC09106




DSC09076 (2)


DSC09049



DSC09050



DSC09051



DSC09052


DSC09079



DSC09078




DSC09077



DSC09074




DSC09071



DSC09075



DSC09072







DSC09073



DSC09069






DSC09068


DSC09053



DSC09055



DSC09066



DSC09062



DSC09061










DSC09109


DSC09067



DSC09110


DSC09081








祭りのクライマックスは 夕方から夜にかけて。

その前に帰ってきたが すごいにぎわい。

外国の方も多かった。


DSC09111

DSC09037



DSC09045



DSC09043 (2)



DSC09117




DSC09024 (2)



DSC09115




DSC09042



DSC09029 (2)



DSC09028


DSC09031







DSC09032

DSC09116


DSC09026
DSC09025




DSC09113



DSC09112


2018年12月15日(土)、神田明神の敷地内に新たな施設「EDOCCO 神田明神文化交流館」
神札授与所・御参拝受付・飲食店や土産物店があり ここも賑わっていました。

DSC09023



DSC09114



DSC09036















このページのトップヘ